尾久署 二輪車実技教室

2月11日千住にあります足立市場に来ております。

ここは久しぶりに来ました。

調べてみますと2016年11月27日に千住署の講習会以来です。

つまり、2017年は来ていません。

今日は他に講習会が開催されていないのか、参加者48名とのことです。

結構多いですね。

でこぼこの路面は変わっていないです。

知り合いは「イチローさん」のりさん命名の「シローさん」

らじゃくんの「師匠さん」に初めてお会いしました。

DSCN3683.jpg

DSCN3684.jpg

DSCN3685.jpg

さて、講習内容は、尾久署の交通課長さんのお話のあと

コースの説明、乗車姿勢の説明、完熟走行、制動と千鳥、回転を2週から3週回って、

休憩後コーススラロームです。

3班に分かれるとのこと、今回思い切って1班に入ります。

ここのコースはオフセットスラローム中心です。

細かい切り返しが多くて大型車は少々難儀です。

後半で少し遅れますが、先が詰まるので追いつきます。

先頭のほうで間隔を調整している人が居るらしいので、途中で詰まるようです。

2週目からイチローさんのVTR250の後ろに付いて行きました。

軽快にスラロームしていきます。

付いて行くのがやっとでした。

ここのコースラは苦手でしたが、1年たってだいぶ上達してきました。

まだまだですけどね。

3班で交代で走るので、3週ずつ3回ほど走り終了です。

記念品のメモ帳をもらって解散です。

お疲れさまでした。

尾久署の白バイも2台参加

DSCN3689.jpg

DSCN3691.jpg
スポンサーサイト

小岩署二輪車実技教室

2月4日小岩署の講習会に行ってきました。

江戸川の河川敷にある講習会場です。

実は、初めて行った講習会がこの小岩署でした。

4年前の2014年1月19日に初めてこういう講習会というものに参加しました。

当時は第1日曜日と第3日曜日の月2回開催でした。

最後に参加したのが2015年2月1日ですから、3年ぶりの参加です。

講習会は10時から12時です。

現場に9:25頃到着しました。

すでに15台ほどオートバイが講習会場の前に集まっています。

9:30になりますと入口が開けられ皆さん入っていきます。

奥のほうから2列に並んでいます。

並び方がわからないので、最後のほうに入ってなんとなく並べて停めます。

小岩署交通総務の方が一人、あとは指導員の方です。

指導員の方の3名ほどは3年前と同じ方でした。

受付を済まし、ゼッケンをもらって待機します。

IMG_20180204_114839-2.jpg

保険料200円。講習カードにゴム印を押してもらいます。

10時になりますと30台以上のオートバイが集まりました。

小岩署の白バイも2台参加です。

男性隊員とまだ初心者の女性隊員だそうです。

小岩署の短い挨拶と、指導員から今日の予定を聞きます。

今日は寒くて路面も冷えているので、制動の練習はしないで、

体操、完熟走行が終わったらコーススラロームに入りますとのこと。

始まるころに雪がちらついてきました。

その後すぐにやんで、青空が出てきました。

体操が終わった後、班分けをします。

早く走る班が一班、そのほかが二班、今日初めての人は別メニューです。

完熟走行が終わり、一班から15分づつ走ります。

コースは3年前とほとんど同じです。

スタートの八の字の部分が楕円形のような形になっています。

その先が直パイ3本、大きなUターンのようなターンが3回、

その先がオフセットスラロームパイロン5本、で終了です。

非常に短いコーススラロームです。

IMG_20180204_114938-2.jpg

私は二班です。

一班が終わりスタートします。

最初は指導員の先導でゆっくり2週回って、そのあと5秒間隔くらいでスタートしていきます。

3年前は全くと言っていいほど走れなかったのに

3年も練習していると上達していたんですね。

結構すいすい走れました。

15分交代で、コースを逆回りしたりしながら4回ほど走りました。

途中、初めての人メニューから編入してくる人も何人かいました。

初めての人メニューは昔と同じく奥のほうで八の字を練習しているようです。

私も4年前は八の字をやらされました。

その時は、全くできませんでした。

それでも1時間くらい練習して何とかできるようにはなりました。

最後のほうでコースラをを走らせてもらいましたが、

グダグダでした。曲がることがこんなに難しいとは思いませんでした。

さて、コースラを4回やって、12時を過ぎていますが、

最後まで八の字を練習していた3人がコースラコースを

指導員3人にマンツーマンで走っていました。

ここは、こんなに初心者に優しい講習会になったのですね。

懐かしい感じと、新鮮な感じと入り混じった講習会でした。

ここは、今は第1日曜日10:00~12:00に開催されているようです。

夫婦旅行

家内が久しぶりに土日の連休になったので、私も休みを合わせて

1月27日~28日にお休みを取って一泊二日の旅行に出かけました。

今回は車で愛知県、岐阜県を周ります。

朝6時に出発、新東名高速を快走します。

高規格道路なので、時速100kmで走っていても道路のへこみとか、段差がないので楽です。

静岡県では一部最高速度が110km/hになっているところがあります。

110km/h出してもまったく問題ありません。

最初の目的地は「岡崎城」です。

って、「また、城めぐりかよ!」と思われる方もいるかと思います。

城も巡るとなかなか地方色が出ていて、おもしろいですよ。

家内も城めぐりでも構わないとのことなので今回の旅が成立しています。

岡崎城は徳川家康が生まれた城だそうです。

岡崎城のほかに「三河武士のやかた家康館」も同じ敷地にあります。

DSCN3541.jpg

天守閣からの眺望
DSCN3549.jpg

徳川家康像
DSCN3560.jpg

1時間ほど見学して名古屋城に移動します。

12時過ぎに出発、名古屋まで1時間くらいです。

国道1号線と都市高速を使用します。

名古屋城はさすがに大きな城です。

観光客も岡崎城に比べると格段に多い、特に外国人が多いですね。

観覧料を払って広い城内に入ると堀の向こうに天守閣が見えます。

DSCN3565.jpg

天守閣より先に入ったのは、一角にあるきしめん屋です。

温かいきしめんを注文して、体があったまりました。

DSCN3570-2.jpg

今日は寒い。

実は、厚手のブルゾンを準備していたのに忘れてきてしまいました。

予備で持っていたユニクロの薄手のダウンが唯一の防寒具です。

マフラーと手袋は持っていましたので、なんとか寒さはしのげています。

天守閣の前に復元された「本丸御殿」を見学します。

本丸御殿は昭和20年に空襲で天守閣とともに焼失しましたが、

平成21年から復元工事が行われているそうです。

とても立派な御殿です。入場前にスタッフから壁、柱などを素手で触らない、

かばんは前にかけてください。など、細かな注意がありました。

DSCN3574.jpg

天守閣にも登りました。

この城はでかい。一つのフロアが広く、いろいろな展示物が飾られています。

さすがに復元されているので、エレベーターも2基あります。

エレベーターは並んでいたので、我々は一階ずつ階段で登りました。

DSCN3582.jpg

DSCN3596.jpg

DSCN3590.jpg

広い城内を歩き回って、寒いのでさすがに疲れました。

15時ですが、宿は岐阜に予約してあります。

ここから岐阜まで約1時間半、ホテルへ向かいます。

一般道を走っていたのですが、名古屋から岐阜まですべて片道3車線でした。

しかも大きな交差点は、右折車線、左折車線があって、とてもスムーズです。

交通量もとても多いですね。関東ではここまで整備された道は少ないですね。

岐阜市内に入って駅周辺など少し車で走り街の雰囲気を見て回りました。

岐阜市の人口は約40万人、船橋市が63万人ですから、船橋よりやや小さい街です。

駅周辺の道幅は岐阜のほうが広いですね。

さてホテルへ向かいます。

今回予約したのは、「岐阜都ホテル」です。お隣が「長良川国際会議場」です。

結構いいホテルでした。

オフシーズンでもあり、会社で加入している「えらべる倶楽部」を通じて予約しましたが、

ツインで1名¥10,500-でさらに補助金が出るのでさらにお安く泊まれました。

朝食バイキングも付いています。

チェックインしてわかったのですが、プレミアムフロアの部屋でした。

客室最上階9階で、エレベーターにカードキーを差し込まないと9階に行けないようになっています。

さらに専用ラウンジがあってコーヒーなど飲み物無料。

ミネラルウォーターも取り放題。

部屋も38㎡で広々、ゆっくりできました。

DSCN3597-2.jpg

夕食は近所の高級居酒屋に予約して、岐阜のおいしいものを腹いっぱい食べました。

ギリギリで予約したのでカウンター席しか空いていなかったのですが、

料理しているところを見ながら、楽しめました。

結構食べたのですが、お値段は東京の居酒屋より安い。

出てくる食材も結構良いものなのによかったです。

ホテルに帰って、風呂に入り、すぐに爆睡。

翌朝は目覚め良く、朝食をゆっくり食べて、9時チェックアウト。

ホテルから長良川をはさんで対岸にある金華山の頂上にある岐阜城を目指します。

今日の天気は曇り、夕方から雨か雪となっています。

気温も0℃、寒いです。

金華山にはロープウエイで登ります。

金華山は標高329mで、岐阜城は頂上に建てられています。

ロープウェイを降りてから10分ほど山道を登っていきます。

緒上にある城ですので、名古屋城に比べたら何分の一でしょうか。

しかし、天守閣からの眺望は最高です。360度視界を遮るものはありません。

しばし、景色を楽しみました。

DSCN3609.jpg

DSCN3611.jpg

DSCN3620.jpg

長良川の向こう岸に先ほどまで滞在していたホテルが見えます
DSCN3630.jpg

DSCN3618.jpg

だが、寒いのでそう長居はできません。

帰りもロープウェイで降りて、昼前です。

昼食は「飛騨牛」を食べたいと思っていました。

近所の有名店に行ってみましたが、予約でいっぱいとのこと。

もう一軒、電話してみましたが、ここも同じ。

あきらめて、次の犬山城に向かいます。

途中で食べるか、着いてから食べるかいたします。

道中、国道21号線を快走していました。

片側2車線の良い道です。制限速度は法定速度の60km/hです。

追い越し車線を白の乗用車が追い越していったので追従しました。

ふと、反対車線に目をやると白バイが違反車を取り締まり中。

「ここは白バイがいる!」と思って、バックミラーを見ると遠くに赤い光が見えたので、

急いで左車線に戻り減速。ほどなく白バイが白の乗用車を猛追していきました。

CB1300Pをレッドゾーン近くまで回さないと聞こえないエンジン音でした。

ほどなく、白の乗用車に追いつき左後方で計測開始、すぐに乗用車の前に出て次の側道に降りていきました。

「危ない、危ない」ほっと胸をなでおろしました。

白の乗用車は80km/hは出ていたと思います。

たぶん最初からあの車を狙って待機していたのでしょう。

さて、我々は無事犬山城に到着しました。

第1駐車場、第2駐車場とも大混雑で長蛇の列です。

第3駐車場の案内標識の通り行くと、はるか遠く名鉄犬山口駅の市役所の駐車場でした。

歩いて20分、でも、犬山市内を散策出来てよかったです。

城へ続く道はお土産屋さんが並んでいます。

街の感じが富岡製糸場と似ています。

犬山城そばの三光稲荷神社前の釜めしときしめんのお店で遅めの昼食。

私はまたきしめんを食べてしまいました。家内はアユ雑炊。

犬山城は国宝になっています。

DSCN3650.jpg

建て直した城ではなく、保存されている城です。

姫路城や松本城など数少ない城の一つです。

よって、内部の階段は非常に急です。

DSCN3670.jpg

天守閣からの眺望はやはり丘の上に建っているので、大変良いです。

十分眺望を堪能したのでおります。

DSCN3657.jpg

DSCN3669.jpg

DSCN3663.jpg

また、土産物屋さんの通りを歩いて駐車場まで戻ります。

途中、草餅とみたらし団子のジャンボ串を囲炉裏みたいにあぶっていたので

食べました。アツアツでおいしかった。1本360円もしたけど。

時刻は14時過ぎ、もうひと城回ります。

岩村城址です。中央高速の恵那ICから20分くらいでしょうか。

時間的に岩村城址までは行けないので、名城100選スタンプの置いてある

岩村歴史資料館まで向かいます。

ナビでは16時までには着けそうな感じです。

恵那ICを出るころには雪が降り始めました。

山奥に向かっているので雪はだんだん強くなります。

今回、もしかしてと思い、スタッドレスタイヤを履いてきました。

資料館に到着したころには駐車場は一面真っ白に積もっていました。

スタッドレス履いてきてよかった。

DSCN3676.jpg

DSCN3678-2.jpg

到着は15:50でした。受付でスタンプを押していると、係の方から16:00閉館とのこと。

危なかった。中も見ずに引き返しました。

本当にスタンプだけゲットして帰ってきました。

帰り道は結構雪が積もってきましたが、滑ることなく中央高速で諏訪湖経由で帰りました。

諏訪湖まではずっと雪道でした。

中央高速はどこも渋滞はなく順調に帰りました。

途中、談合坂SAで夕食を食べて、帰宅は21:30頃でした。

走行距離906.7kmでした。

スラロームマニア1/21続き

前回に引き続き、昼休み休憩をはさんで午後の講習です。

午後は仕上げのコーススラロームです。

まず、コースを覚えるためにAチーム、Bチームの順に慣熟走行します。

最初の2週はトレイン走行、その後5秒間隔くらいでスタートしていきます。

1時間あるので、各自適時休憩を取りながら走ります。

今回のコースは、前回4月よりも少しやさしいような気がします。

前回は、いやなところにパイロンが置いてあって、小回りを余儀なくされたのですが、

今回は、すなおにコース設定がなされています。

途中指導員の方が後ろに付いて走ってもらえました。

1周後にアドバイスをいただきました。

カーブのとき車体を倒しすぎないように注意すること。

コーナーの立ち上がりでいつまでも倒しているとコーナーを出た後、

加速ができなくなる。

つまり、なるべくリーンインで車体を倒さないようにして、

直線に入ったらできるだけ早く車体を立てて加速する。

ということ。S字とか切り返しのところは別です。

話をしているうち、自分が思ったほどリーンインしてないことがわかりました。

後日、追走ビデオが送られてくるので、そこをチェックしようと思います。

(ビデオを見ましたら自分が思っているほどリーンインではありませんでした)

これらを踏まえて、さらに練習していきます。

次の休憩後は一名づつ、タイムアタックがあります。

一生懸命練習していると冬なのに汗が出てきました。

中に着ているトレーナーを脱ぎます。

着ているのはユニクロのヒートテックと春秋用のオートバイジャケットだけです。

さあ、練習時間が終わりました。

休憩後にタイムアタックです。

出走順は主催者がすでに決めてあり、その順番にオートバイを並べます。

追走ビデオ車両が2台、計測係が2名の体制です。

出走者は事前にパイロンが2個置かれたところで八の字をしてタイヤを温めます。

皆さん気合が入っています。

今回タイムアタック参加者は27名、

前回29名中24位でした。

今回、少しでも順位が上がればいいと思います。

1番目の方からスタートしていきます。

私は20番目のスタート。

17番目の人がスタートすると、八の字コースに入りタイヤを温めます。

気合が入りすぎて、八の字で転倒する人や、

タイムアタック中に転倒者が2名居ました。

コース途中でパイロンに接触すると1秒減点、発進時に後方確認しないと3秒減点です。

私の番です。時間の計測は、自分の判断で出発します。

後方確認してから発進するときにストップウォッチが押され、

コース終了場所のパイロン4個の中に入って止まって、左足をついた時まで計測っされます。

何とか、ミスなく走り終えたようです。パイロンも倒さなかった。

結果集計は終礼のときに発表されるとのことです。

16時まであと45分あります。

ここからは自由走行です。

体力の続く限りコースを周回しました。

さて、16時になりまして講習会終了です。

全員集まりまして、主催者側の指導員4名のあいさつなどありまして、

タイムアタックの結果発表です。

3位はVTR250、1分22秒78

2位はSCRAMBLER、1分22秒69

1位はGSF1200、1分19秒90

ナミボルCB1300SBは、1分34秒12で17位でした。

いやあ、前回より少しだけ成績が上がりました。

27台出走ですが2台転倒で記録がありません、

25台中17位です。

今回はいろいろ勉強になりました。

来月からまた警察系の講習会で精進したいと思います。

お疲れ様でした。

本日の走行168km

会場まで片道約50kmですから、講習会で60kmくらい走ったということでしょうか。

この講習会の良いところは、練習中の写真を撮影してくれることと

追走ビデオを後日ウェブにアップしてくれることです。

ここに掲載している写真もほとんど撮影してもらったものです。

DSC02961-2.jpg

DSC02962-2.jpg

DSC02963-2.jpg

DSC02964-3.jpg

DSC03315-2.jpg

DSC03358-2.jpg

DSC03834-2.jpg

DSC03430-2.jpg

DSC03917-2.jpg

DSC02243-2.jpg

スラロームコース

スラロームマニア1/21

このブログを書いているのは1月22日夜。

関東地方にも雪が降っています。

千葉県の私の家の周りは20cmくらいの積雪ではないでしょうか。

明日の朝の通勤が心配です。

ということで、

スラロームマニアという講習会に行ってきました。

2017年4月に初めて行きまして、1年ぐらいたったらもう一度行きたいと思っていました。

しかし、この1月21日の開催でしばらく開催できないとのこと。

最後のスラロームマニアということで、昨年末に申し込みをしました。

開催場所は「つくばドライビングスクール」定員は30名です。

9:00受付、9:30から16:00までです。

私の家からですと約1時間半かかりますので、朝7時過ぎに出発。

途中で給油したり、昼食のお弁当を買ったりしなくてはなりませんから

少し早めに出ます。

それでも、8:40くらいには到着しました。

受付して、9:30になると集合しまして、代表の進藤さんの話では、

この教習所の奥の土地が造成されて住宅地ができるとのこと。

確かにブルドーザーなどが土地を造成しています。

そのため、騒音の出る二輪車の講習は出来なくなるとのことです。

それほど騒音とは思いませんが、仕方ありませんね。

周りに民家の無い教習所は首都圏にはあまりないですよね。

そんなお話があり、最後のスラロームマニアを楽しみましょう。

DSC02682.jpg

DSCN3502.jpg

DSC02679-2.jpg

そして、みんなで柔軟体操をして乗車準備です。

班分けがしてあって、早いAチームと遅いBチームです。

Aチームから完熟走行に入ります。Bチームもその後に続きます。

私はもちろんBチーム。

外周を3週ほど回ったら少しずつ内側のコースも使っていきます。

完熟走行といっても30分くらい走ります。

最後のほうはへたくそな私は最速モードにしないと付いていけません。

皆さん、スラロームが好きなだけあって、早い。

休憩をはさんで、午前中は基礎的な練習をします。

最初はパイロンスラローム。

5m間隔で並べられたパイロンが十数本が2列、そしてオフセットスラローム。

ここでは下半身だけを意識して走るとのこと。

ニーグリップだけでバイクを左右に振りながら走る気持ちです。

最初は普通に直パイ2本とオフセットを回ります。

2周目からは条件が付加されます。

左手をハンドルから離して、腰に置いたりして走ります。

これは超苦手です。1周目は手を離せませんでした。

前回、ここで転倒してしまったのが頭をよぎりました。

でも2周目で手を放して何とか走れました。時々手はハンドルに戻りますが。

次の課題はスタンディング。これまた苦手な奴。

でも、やればやっただけできるようになります。

無理をせず、危ないと思ったら座ります。

次の課題は、パイロンの頭を手で触っていきます。

この場合は、右手も左手も交互に離さなければなりません。

「そんなことできない」と思ったけどなんとかできるものです。

DSC02915.jpg

DSC03033-2.jpg

DSC02850-2.jpg

そのほか、ギヤを2速にしたりしました。

最後に普通に座ってやると、なんだかうまくなったみたい。

教官役の代表も話していました。

この練習をやるととても直線パイロンスラロームがスムーズにできるようになると。

下半身の大切さが改めて分かりました。

休憩をはさんで次はブレーキの練習。

これは警察系の講習会と同じく、ギア3速、時速40kmでパイロンからの急制動と

パイロンまでの目標制動です。

これはいつもやってますから、まあまあです。

DSC03198-2.jpg

やはり、指摘されることは同じで、止まる寸前に目線が下がる。とのこと。

目線が下がると不安定になるので、完全に止まって左足をつくまで目線はまっすぐ水平にということです。

午前中のメニューはここまでです。

昼休み1時間、13時から午後の講習が始まります。

この続きはまた次回です。
プロフィール

ナミ

Author:ナミ
リターンライダーです。結婚、子育てと一度はオートバイを降りましたが、2013年12月からまた乗り出しました。若いころとは違う楽しさがあります。残された時間が少ないため、いきなり乗りたいオートバイを買い、講習会などで練習しています。千葉県船橋市在住です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR